赤ニキビは危険なニキビであり、炎症が起こって赤みが目立つようになり治らないようになってしまいますから注意が必要です。

見た目が目立つという面だけではなく、赤ニキビのように炎症を伴うニキビは肌の奥まで達して傷付ける可能性があり、デコボコ肌や色素沈着の跡残りが発生してしまい、色素沈着の場合は時間経過と共に薄くなりますが、デコボコの跡残りは治らない事もあります。

こうした治らない跡残りを防ぐ為にも炎症を伴う赤ニキビに発展する事を防ぎ、複数の炎症を伴うニキビが発生する場合はすぐに皮膚科で治療を進める事が有効なニキビケアになります。

赤く炎症を伴う程にニキビが発展するという事は、肌の代謝が悪化していて、肌を保護するバリア機能が低下していますから、水分や皮脂バランスを整えて肌のバリア機能を復活させる事が必要です。

肌のバリア機能が高まれば細菌増殖を防いで炎症にまで発展しにくくなり、治らない跡残りになるリスクを防ぐ事が出来ますし、洗浄と保湿ケアを徹底させたり、医師の指導に従ってケアが望ましいと言えます。

ニキビケアにルナメアAC