ニキビが治っても、ニキビ跡が残ってしまうことがあります。ニキビ跡にはいくつか種類があります。
大きく分けると赤くなるタイプ、茶色や紫のシミになるタイプ、凸凹のクレーターになるタイプの3つになります。

どのニキビ跡も肌のターンオーバーを正常化させることで、改善することができます。赤くなるタイプであれば、毎日のスキンケアで目立たなくすることができるでしょう。比較的軽い症状であれば、自然に治る場合もあります。

シミのタイプは色素沈着がありますので、紫外線対策と美白を行うのがおすすめです。

一番やっかいとなるのは、クレータータイプです。
目立たなくするにば根気よくスキンケアをしていくしかないのですが、専門家で治療を受けた方が良いケースもあります。あまりヒドイようでしたら、皮膚科に相談してみましょう。

ニキビ跡を作らないようにするには、ニキビができにくい肌を作ることが大切です。保湿をこころがけ健やかな肌が保てるようにしましょう。

毎日の正しい丁寧な洗顔を心がけるようにしましょう

ニキビケアにルナメアAC 公式サイト