ニキビが治ったのに、ニキビ跡が赤みを帯びているとニキビができているように見えてしまいます。
赤みがひどくなるとファンデーションでも隠れないくらいになるので、早めの対処が必要です。

赤ニキビを正しいケアをしなかったり、肌が清潔に保てなかったりすると、肌がダメージを受けます。
そうなるとニキビ跡が赤くなってしまい、なかなか治らなくなってしまいます。

赤みのあるニキビ跡を改善するには、ビタミンC誘導体配合の化粧品を使いましょう。
赤みを消すには、肌のターンオーバーを正常化して肌のダメージを修復させなければなりません。
ビタミンCには肌を修復させる力があるので、ニキビ跡がだんだん目立たなくなります。

ただビタミンCは肌の奥に届きづらく、成分が肝心なダメージ部分に行き渡らないことがあります。
そこで浸透力のある化粧品を使いましょう。
おすすめなのはビーグレン。
ビーグレンは独自の技術で、肌の奥の奥まで美容成分が届くので効果がでやすくおすすめです。

[b.glen]シミを消す!QuSomeホワイトセット