ニキビが治っても、赤みのあるニキビ跡が残ってしまうことは多いです。赤みのあるニキビ跡は炎症を起こしているに違いはないのですが、茶色いニキビ跡やクレーターになったニキビ跡よりも消えやすいです。
何をしなくても自然に消えることもあります。しかし消すのが難しくなるまで悪化しまうこともありますので、対策をしておきましょう。

赤みのあるニキビ跡を消すには、肌の修復力を高める必要があります。保湿と栄養で肌のターンオーバーを正常化させましょう。
赤みを消すのに効果的なのが、ビタミンC誘導体配合の化粧品です。美白効果もあるので、肌の透明感が増します。

そして生活習慣にも気を付けましょう。夜更かしをせずに十分な睡眠時間を確保し、油っこいものや甘いものばかり食べないようにしてください。
化粧品と生活習慣を正すことにより、ニキビ跡の赤みを消すことができるでしょう。ただ明日、あさってに消す方法ではありませんので、継続して実践するのが大切です。

浸透力の違いを実感!ニキビにはビタミンC!