ニキビがなおってもニキビ跡ができてしまってずっと残っている、という人も多くいます。ニキビ跡を治すには自宅で行えるケアと皮膚科で治療を受けるケースがあります。

肌のターンオーバーを正常にもどしてあげることで肌の生まれ変わりが進むのでニキビ跡が徐々に薄くなることは十分にあります。自宅でニキビ跡を治すには、肌のターンオーバーが戻るように睡眠や食生活に気をつけ、規則正しい生活をおくることも重要です。

ニキビがなおった後に茶色い小さなシミができることが多いですね。炎症によってメラニン色素が生み出されそのまま色素沈着してしまったケースです。

紫外線にあたると余計にメラニンが作られて跡が残りやすくなるのでUVケアをしっかり行いましょう。ビタミンCには色素沈着を改善する効果があるので、ビタミンC誘導体が配合された化粧品を使うのもいいでしょう。

また赤みが残ってしまうこともあります。こちらもビタミンCを含有したアイテムが有効です。

クレーターやケロイドなどの深刻なニキビ跡は皮膚科でケアしないときれいに治すのは難しくなってしまいます。