凸凹になったクレーター状のニキビ跡は、炎症が皮膚の奥底までに及んでいます。だから赤いニキビ跡や茶色いニキビ跡より、治すのは難しくなってしまいます。

自宅のケアでクレーター状のニキビ跡を完全に治すのは、ほぼ無理・・・と言っても良いでしょう。完治を目指すなら皮膚科やクリニックで、専門の治療を受けなければなりません。

ケミカルピーリングやレーザーなどで治す、最終的には皮膚移植で治す方法もあります。

しかし自分でのケアで治すのが難しいクレーター状のニキビ跡でも、薄くすることは可能です。基本は肌のターンオーバーを正常化させること。
クレーター状のニキビ跡が出きる人は、肌がごわついていることが多いです。肌にうるおいを与えて柔らかくしてあげましょう。

ピーリングで古い角質などを取り除くのもおすすめです。

ターンオーバーをくり返すことで、じょじょにクレーター状のニキビ跡が目立たなくなります。ただすぐに治すのは無理。何年といった長い期間がかかることを覚悟しておきましょう。

ニキビケアにルナメアAC 公式サイト