食生活の乱れはニキビや肌荒れの原因になります。食事は体を作る基本で、食事を整えることでニキビができにくい健やかな肌に近づきます。ニキビ跡を治すにも食事を整えることが大切です。

化粧品などでのケアも大切ですが、食事の見直しもニキビ跡の治し方の一つです。では、どのような治し方をしていけばいいのでしょうか。

ニキビ跡を改善するには肌の生まれ変わりを促すことが大切です。タンパク質はコラーゲンを作るために必要な栄養素で、ビタミンCと一緒に摂ることでコラーゲンの生成が促されます。

ニキビ跡で悩んでいる方は脂質の摂取を控えがちですが、必須脂肪酸のオメガ3はニキビ跡改善のために必要な栄養素です。細胞膜を構成する栄養素で、健康な細胞を作ります。魚、クルミ、亜麻仁油などに多く含まれています。現代人は不足しがちなので、意識して摂りましょう。

細胞を作るためには亜鉛が必要です。アルコールの摂取、喫煙、食事制限、菜食などでは不足しやすいです。牡蠣、カシューナッツ、ごまなどに多く含まれています。

化粧品でのケアや洗顔だけでなく、食事の見直しもニキビ跡の治し方として取り入れてみてください。

ニキビケアにルナメアAC 公式サイト