ニキビが治っても、そのあとにはひどいニキビ跡が残ることがあります。自分でなおすことは無理といわれているひどいニキビ跡でも、クリニックで行われるレーザー治療なら改善することは見込めます。

レーザー治療には大まかに以下の種類があります。

炭酸ガスやエルビウムヤグレーザーで肌の表面を削るタイプは効果は高いのですが、皮膚の再生までのダウンタイムが長め、痛みを伴うので麻酔が必要といったデメリットがあります。

肌の表面を削らずに光を肌に照射するタイプはダウンタイムも治療の痛みも少なめですが、治療回数が多く必要になります。

フラクショナルタイプは皮膚の奥深くにレーザーを点状に照射するタイプです。ダウンタイムが短めで済みます。

いずれにせよレーザー治療を行ったあとには自宅でのケアが非常に重要になります。

赤み・シミなど色素沈着をおこしている方なら肌の表面を削らない光照射タイプがおすすめです。クレーターなど凸凹が目立つ方なら肌の表面を削るタイプかフラクショナルタイプが適しています。

ニキビ跡の治療は多くは保険がきかない自費診療となります。かかる費用や期間、治療方法や使用される器具もクリニックによって様々です。クリニックの治療内容、実績等をよく調べて選びましょう。

またスタッフに相談しやすいか、一定期間続けて通えるかどうかなど慎重に検討してからクリニックを選びましょう。


クリニックのお世話にならなくて済むように毎日の丁寧な洗顔を心がけるようにしましょう

ニキビケアにルナメアAC 公式サイト