ニキビ跡のなかでも非常に目立ち、治りにくくやっかいなのがクレーター状になってしまったニキビ跡です。

クレーターはニキビのひどい炎症によって皮膚の表皮だけでなく奥深くの真皮にまでダメージを受けて、皮膚のなかのコラーゲン組織が破壊されてしまった状態です。
肌に凸凹ができてファンデーションなどで隠すこともできず、自宅のケアで治すことはできない状態といえます。

ニキビ跡がクレーターになった皮膚を治そうと思ったら、皮膚科のクリニックに通ってレーザーを使った治療を受けたり、ピーリングを行ったりすることが必要になります。

クレーターにもいくつか種類がありその大きさや深さは個人によって様々です。クリニックを選ぶ際には費用や効果はもちろん、アフターケアの内容や期間、通いやすさなどをしっかりと比較しておく必要があります。

またクリニックに通わないとしても、セルフケアとして肌のターンオーバーを正常に保つようにすることが重要です。規則正しい生活を送って睡眠をしっかりとり、バランスのいい食事をとりましょう。

皮膚科のお世話にならなくて済むように、毎日の丁寧な洗顔を心がけましょう

ニキビケアにルナメアAC 公式サイト