ニキビが悪化するとニキビ跡になってしまうので、早めに皮膚科を受診しましょう。皮膚科の保険適用の治療では、内服薬や外用薬が処方されます。主となるのは外用薬です。

赤ニキビはニキビが悪化して炎症を起こしている状態です。炎症を起こした赤ニキビには、アクネ菌を殺菌する抗生物質の外用薬を処方します。アクアチムローション、アクアチムクリーム、ダラシンロショーションなどがよく処方されます。

抗生物質以外の外用薬もあります。ニキビの原因は毛穴がつまることなので、毛穴をつまりにくくします。ディフェリンゲルなどがあります。

ニキビの炎症が重度の場合は抗生物質の内服薬を処方します。ルリッド、クラリス、ミノマイシンなどがあります。

ストレスなどが原因で女性ホルモンの分泌が乱れ、男性ホルモンが増えると皮脂分泌が活発になり、ニキビができやすい状態となります。ホルモンバランスを整えるために、ホルモン補充療法を行うこともあります。

皮膚科では様々な治療を行っているので、医師と相談して最適な治療を受けましょう。