深いクレーターやケロイド状になってしまったニキビ跡は、セルフケアで治すのは難しいです。きちんとケアしないとずっと悩みを抱えることになるので、皮膚科で治療をするのがおすすめです。

皮膚科でのニキビ跡に治療方法には、保険適用と自費治療があります。

保険適用の治療にはニキビ治療用の外用薬、ステロイドの注入、リザベン内服があります。

自費治療にはレーザーや光を使ったもの、ケミカルピーリング、イオン導入、ダーマローラー、皮膚再生があります。

レーザーは皮膚を蒸発させてクレーター状のニキビ跡を改善します。光治療はコラーゲンの生成を促して赤みや色素沈着を改善します。

ケミカルピーリングは古い角質や汚れを落とし、新しい細胞が生まれ変わることを促します。

イオン導入はビタミンCなどの有効成分を肌の奥深くに届ける方法です。赤みや色素沈着に有効です。

ダーマローラーは創傷治療の力を利用した治療法です。細い針がついたローラーを使用します。

皮膚再生は深いニキビ跡に有効です。

どの治療方法が適しているかは皮膚科で医師とよく相談して決めてください。