大人ニキビとは20代以降になってから出来るニキビのことです。10代の思春期ニキビとはちがって、ストレスや睡眠不足、偏った食生活、過度の飲酒や喫煙など様々な原因でニキビができます。
また大人ニキビはUゾーンといわれるアゴやフェイスライン、首などにできやすくなります。

さらに大人ニキビは繰り返しやすく、ニキビ跡ができやすいという嫌な特徴があります。20代以降は肌のターンオーバーが遅くなるので、ニキビが治っても肌にシミのように跡が残ってしまいがちです。

大人ニキビを治すにはニキビの原因に対処を行って生活を改善していくことが必要になります。睡眠時間の確保やバランスよい食事、ストレスを緩和すること、紫外線への対策を行うこと、肌の乾燥を防ぐことなどがあげられます。

食事では特にニキビ予防に有効なビタミンやミネラルをしっかりとるようにするといいでしょう。緑黄色野菜や乳製品、豆腐などの大豆製品、海藻や魚介類などをしっかりと食べるといいですね。

>> ニキビケアにルナメアAC 公式サイト