花粉や風邪対策でマスクをしている方も多くいますが、実はマスクがニキビの原因になっていることを知っていますか。どうしてマスクでニキビができてしまうのでしょうか。

マスクでニキビができる原因は主に3つです。

1つめは摩擦です。大きさが合わないマスクだと摩擦が生まれ、摩擦が生まれると肌が傷ついてしまいます。傷ついた肌の力は低下し、ニキビができやすい状態となります。

2つめは繊維が合わないことです。家庭用のマスクにはガーゼか不織布が使用されています。肌荒れを起こしやすいのは不織布を使用したものです。繊維が絡まっているためフィルター効果が高いのですが、ガーゼよりも肌が傷つきやすい特徴があります。

3つめは蒸れです。マスク内は湿度と温度が適度にあり、菌が繁殖しやすくなっています。繁殖した菌が肌を荒します。

マスクの着用によるニキビを防ぐには選び方が重要です。肌あたりが優しく、ピッタリフィットして摩擦しにくいものを選びましょう。清潔に保つためにこまめに変えるようにします。

ニキビケアにルナメアAC 公式サイト