肌は食べたものでできているので、ニキビを治すために食事の見直しが大切です。食事は毎日摂るものなので影響は大きいです。
偏食をしたり外食が多い方は、食べ物に気をつけるだけでニキビが改善するケースもあります。では、どんな食べ物がニキビを改善するのでしょうか。

ニキビは毛穴に皮脂がたまることでできるので、皮脂の分泌を抑制する必要があります。皮脂の分泌を抑制するのがビタミンB2とビタミンB6です
ビタミンB2は卵・レバー・うなぎなど、ビタミンB6はカツオ・マグロなどに多く含まれています。

毛穴のつまりを解消してターンオーバーを整えるのがビタミンAです。健康な皮膚を作るのに必要です。ビタミンAはうなぎ・ほうれん草・かぼちゃ・にんじんなどに多く含まれています。

ビタミンCにはメラニンの生成を抑える働きがあり、ニキビの炎症による色素沈着を予防する働きがあります。柑橘類・イチゴ・キウイ・ブロッコリー・パプリカなどに多く含まれています。

化粧品でケアするとともに食べ物に気をつけることで、ニキビの治りがよくなることが期待できます。

ニキビケアにルナメアAC 公式サイト