ニキビの原因菌といわれているのがアクネ菌です。悪者のように扱われていますが、皮膚から全くいなくなってしまうのは問題です。アクネ菌は皮膚に存在する皮膚常在菌で、ニキビができていない人でも少なからず存在しています。

皮膚常在菌は膜を作って外部の菌から肌を守ってくれています。皮膚常在菌がいなくなってしまえば、肌を守る膜が弱くなりガサガサの肌になってしまいます。ニキビ用の殺菌力が強い化粧品を使い続けていると、皮膚常在菌が少なくなってガサガサ肌になってしまうのです。

問題はアクネ菌が増えすぎることです。アクネ菌が増えると炎症を起こしてニキビが悪化します。

アクネ菌は油分が大好物なので、皮脂分泌が活発になると増えます。油っぽいもの、甘いものばかり食べていると皮脂分泌が活発になり、アクネ菌が増えてしまうのです。

油分を含んだ化粧品もアクネ菌を増やす原因です。化粧品に含まれるオイルをエサに繁殖します

食事の見直しやオイルフリーの化粧品を使うことでアクネ菌の繁殖を抑えることができ、ニキビができにくい肌に近づきます。

そして毎日の丁寧な洗顔がなによりも大切ですね。

ニキビケアにルナメアAC 公式サイト